TOP > 薄型TV選びの基礎知識 > プラズマテレビと液晶テレビの比較
プラズマテレビと液晶テレビの比較
ここでは、液晶テレビとプラズマテレビを比較してみましょう。
プラズマテレビの特徴」と「液晶テレビの特徴」もご参照ください。
比較項目 液晶 プラズマ
黒の再現力
応答速度(残像感の少なさ)
映り込み
画面の明るさ
パネルの強度
※この表はあくまで参考です。
【黒の再現力】
液晶の場合、構造上黒浮きの問題が発生する可能性が高くなります。
黒浮きとは、たとえば照明を消した真っ黒な環境で、画面を見た場合、
黒が真っ黒の状態ではなく、ほのかに明るい状態に映ることです。

照明を消した状態で映画やDVDなどを鑑賞する機会が多い場合、
鮮明な黒色を出せるプラズマにしたほうがいいでしょう。
[スポンサーリンク]
【応答速度】
プラズマのほうが、ぶれのない映像を楽しむことができます。
スポーツなど激しい動きの番組を違和感なく楽しみたいのなら
プラズマがおすすめです。
ただし、最近では残像感を低減させる「倍速駆動」機能を搭載した
液晶も開発されています。
(用語説明→「応答速度」)
【映り込み】
天井の蛍光灯や太陽の光が画面に映り込んでしまう現象です。
液晶ではほとんど発生しませんが、プラズマでは表面にガラスを使用
しているため、どうしても映り込みが発生します。
【画面の明るさ】
画面自体の明るさは液晶のほうが上です。
したがって明るい環境で視聴するのであれば液晶のほうがおすすめです。
【パネルの強度】
液晶パネルの強度はそれほどありません。したがって、強く押したりすると
壊れてしまうことがあるため扱いには注意が必要です。
薄型TV選びの基礎知識
液晶テレビをインチで選ぶ
液晶テレビをメーカーで選ぶ
プラズマテレビをメーカーで選ぶ

4Kテレビ特集

最近人気の出てきた4K対応テレビを特集しています。

4K対応テレビ
Google